スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省の職員食堂で福島県産野菜を使ったメニューが登場

福島第1原発事故による農産物への風評被害で売れ行きが鈍っていることを受けて、福島県の生産者を支援しようと厚生労働省(東京・霞が関)の職員食堂では12日福島産野菜を取り入れたメニューが販売されはじめたそうです。

今回はトマトとキュウリ、長ネギ、ミツバが使われたのだとか。

毎回野菜を購入する時には日本産か海外産かを見る程度でそんなにはどこの県かまでは見ないのが現状でしょうか。

トマトとキュウリが使われた「豚しゃぶおろしポン酢定食」(650円)などが販売されていたそうです。

これからは地震後に売れ行きが落ちている福島、茨城、栃木、群馬、千葉5県などの野菜を積極的に使っていく予定なのだそうです。

今回は厚生労働省でしたが農水省などのほかの象徴ではどうなっていくのでしょうかね。

普段から国民の生活を支えてきてくれた農業ですから、その恩返しとしても農業の継続の面でも何か役立てるところはやっていきたいものです。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://jajavara.blog42.fc2.com/tb.php/188-4cc09f03

«  | HOME |  »

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ

その他 (65)
スポーツ (28)
健康関連 (11)
芸能関連 (49)
ファッション情報 (12)
食べ物 (24)
生活 (40)
美容関連 (5)
ニュース関連 (2)
経済関連 (6)
住宅など (2)
お笑いタレント (1)
ダイエット (1)

検索フォーム


RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。