スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオールズ和田毅「トミー・ジョン手術」を受けることになった

米大リーグ、オリオールズ和田毅投手(31)が左肘の靱帯(じんたい)修復手術を受けることになった。



ショウォルター監督は「(手術は)早いほうがいい。来季投げてくれることを楽しみにしている」



4月下旬に靱帯損傷と診断されていて、再検査したルイス・ヨーカム医師が手術を勧められたという。


和田が受ける手術は「トミー・ジョン手術」というもので松坂大輔投手(レッドソックス)が受けて話題となった。



以前からあの投げ方は肩や肘に負担がかかるのではないかとも言われていたようではありますが。



2003年からダイエーホークスでプレーし、ポスティングでのメジャー移籍を諦め、FAまで待ってやっと夢のメジャーに挑戦という状況でしたが、夢を目の前に今年はつかめないのですから、ついていないですね。



トミー・ジョン手術は再び野球ができるまでに1年以上はかかるのだそう。



普段から酒はあまり飲まない、健康に気をつけウォーターベッドなどを使用するとか、疲れを貯めないためにサプリメントを摂るなど体に気を使っていたそうですが。






スポンサーサイト

プロ野球選手と、家庭や家周辺の環境

プロ野球選手というのは父親がプロ野球選手を目指していてなれなかったので子供に託した、子供がやりたいと言いだしたのでネットを設置して投げたり打ったり練習できる環境を与えてあげた、などそれなりの家族の協力は必要ですね。


親が非協力的とか、野球をやれるような安定した環境ではなかったという話はあまり聞きませんね。


楽天の岩隈選手が親について関係が薄いなどと語ったことが話題となっていましたが、それ以外では子供の頃から熱心に子供の成長を見守る人も多い感じでしょうか。


それを考えると東海大の菅野智之選手は父親が元野球選手、母親の祖母と兄が野球に詳しい、原貢さんと、原辰徳さんということになります。

それを考えるとプロ野球選手になるためには何が必要か、それまでのルートは確保してもらえますし、稀に見る恵まれた環境ではありますね。

大スターの選手は大成しないとも言われ、野村克也さんの息子の克則さんや落合博満さんの息子のふくしさんなどもいました。

原辰徳さんの息子の方は野球とはあまり縁がないようですね。

親と比較されるとか、贅沢な生活はできているので目指す意欲が湧いてこないなど、そういう理由でしょうか。




東海だの菅野智之





プロ野球選手で身長の高い選手は?

田中 将大(たなか まさひろ)188センチ、ダルビッシュ 有(だるびっしゅ ゆう)196センチ、藤川 球児(ふじかわ きゅうじ)184センチ、涌井 秀章(わくい ひであき)185センチ、菊池 雄星(きくち ゆうせい)184センチ、内海 哲也(うつみ てつや)186センチ、岩隈 久志(いわくま ひさし)190センチ、松井 秀喜(まつい ひでき)188センチ、内川 聖一(うちかわ せいいち)184センチ、松坂 大輔(まつざか だいすけ)183センチなど。

野手はそれほど長身ではないものの、ピッチャーは長身の方が有利ではあるようですね。

体力やボールの角度が影響するのだとか。

やはりダルビッシュ有選手はかなり大きいというか。

しかし弟は180センチもないらしいですし、兄弟の中でもDNAや遺伝子など受け継ぐ細胞によっては、差もでるものなのですね。

だいたい皆がピッチャーに憧れ、小学校の頃から優先的にピッチャーが選ばれ、選ばれる人は運動神経が良い、体が大きいなどという人が多いのだそう。

ピッチャーが決まった後に野手に配置されていくのだとか。

それもあって元ピッチャーの野手というのも多いのだそう。

一方でプロ野球に入ると、年俸面では野手の方が高い傾向にはなるのだそう。

ダルビッシュ有選手の子供は長身になる可能性もあるでしょうし、二人とも男児ですからね。

もしかしたら父子でプロ野球でプレーすることも可能かもしれません。



阪急、近鉄、西本幸雄(にしもと・ゆきお)心不全で死去

阪急、近鉄など3球団で8度のリーグ優勝を達成した西本幸雄(にしもと・ゆきお)心不全のため兵庫県宝塚市の自宅で死去。

昔の野球をあまりしらなくても聞いたことがあるという名前の方ですね。

91歳まで生きたのはプロ野球選手としては長生きの方な印象があります。

プロ野球選手の寿命で見ると70歳前後か70代の場合が多いですね。

日本の男性の平均寿命とそれほど変わらないかもしれませんが。

8度のリーグ優勝を達成しながら日本一になれなかったことから「悲運の名将」と呼ばれていたとのこと。

今でもリーグが変わると相性が悪くなるチームはありますからね。

中日ドラゴンズの落合博満さんも3度リーグ優勝をして、そのうち日本一はゼロ。

CSを通過して日本一になったのが一度だったと思います。

その他星野仙一さんも中日と阪神タイガースでそれぞれ一度ずつリーグ優勝をして、日本一にはなれませんでした。

そういう場合にはやはり短気決戦に弱いとか、ピッチャーの先発選び、継投の判断が間違っていたと言われることが多いですが。


今年の2011、中日ドラゴンズVSソフトバンクホークスの日本シリーズを自宅で観戦するなど、元気な様子だったそうですが、その数日後に亡くなるとは、体調による死というのは高齢になるほど突然やってくるものなのかと考えさせられますね。



ファミリーマート防衛省店

女性の理想は長いまつ毛?ボリュームのあるまつ毛?

東海大の菅野智之、浪人生活で復活が困難?すがのともゆき

東海大の菅野智之投手が浪人生活をするそうですが、実践から遠ざかるということで、不安視する声もあるようですね。

江川卓さんは浪人してハワイで一年間スタッフとして働きながら、時々バッティングピッチャーで投げていたそうですが、元の状態に戻るのに3年はかかったのだそう。

だいたい25歳前後で本調子となるということでしょうかね。

試合感や感情のコントロールが難しくなるのだとか。

肉体的な問題ではなく、意外と精神的な問題なのですね。

それほど精神面は大きく関係するのかというか、なかなか戻せないものなのかという驚きもありますが。

もし来年も巨人以外のチームが指名して交渉権を得た場合には、また浪人となるのでしょうかね。

しかしまた浪人してはまずいということで、指名されればそのまま入団するのでしょうか。

菅野智之投手にとっては、来年はどこの球団であれ、そこの球団に入る以外にもうプロの道は残されていないとの見方もありますね。

その後社会人野球に行ったとしてもそれはそれでまた調整が難しいものでしょう。

おじさんの力でプロ野球に入ったとは思われたくないという気持ちがあるそうなので、原辰徳さんというよりも巨人への憧れが強く、監督は誰でもいいという気持ちではあるのか。

苦労して入っても、自分の意思を押し通したということで、ファンからの視線というのも厳しいでしょうし、やりづらいのは確かでしょうね。

昔は巨人ファンだったけれども今は巨人ファンでもないという人も多いだけに、珍しい選手でもあるでしょうかね。

本人のコメントを見ると巨人で活躍したいというよりも、巨人の選手としてマウンドに立って投げたい思いが強いのかもしれません。




ごみの片付け

肌のシミ問題



 | HOME |  »

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ

その他 (65)
スポーツ (28)
健康関連 (11)
芸能関連 (49)
ファッション情報 (12)
食べ物 (24)
生活 (40)
美容関連 (5)
ニュース関連 (2)
経済関連 (6)
住宅など (2)
お笑いタレント (1)
ダイエット (1)

検索フォーム


RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。